お酒が苦手でも務まる?

お酒が苦手でも務まる? ナイトワークといえばお酒がつきものですがたとえ苦手な人であってもナイトワークは務まります。
なぜならナイトワークで一番大切にしなければならないことは来店していただいたお客様を楽しませることであってお酒の強さを競うものではないからです。
そのためまったくアルコールが苦手だという場合でもその場でお客様に会話を楽しんでもらったり、サービスに気を配るなどして対処することができれば問題ありません。
またどうしても飲まなければならないときにはあらかじめノンアルコールやアルコールが薄めのドリンクを出してもらうように依頼しておいてその場を盛り上げるようにするとよいでしょう。
もちろんあらかじめお客様にどうしてもアルコールがダメなことを説明しておくことでお客様も理解してくれるはずです。
ナイトワークで頑張っている人のなかにもお酒が苦手な人が大勢いるので新たに働こうとしているうえではまったく問題ないため安心してよいでしょう。

マイナンバーでナイトワークが親にバレることも…

マイナンバーでナイトワークが親にバレることも… ナイトワークで働いている人の多くは、親には内緒にしているかと思われます。
今までであれば、働いているところを見られたりしない限りは、親に知られてしまう心配もありませんでしたが、マイナンバーが登場したことによって、ナイトワークがバレてしまう可能性があります。
もしも、自分自身に収入がない、もしくは年間収入が103万円以下と申告しているにも関わらず、夜の仕事で103万円を超えるだけの収入を得ている場合には、親の扶養対象から外れてしまうことになります。
そうなれば、当然ながら通知の方が送られてくることになるので、それがきっかけでバレてしまうかもしれません。
ただ、具体的にどういった仕事で稼いでいるかまでは、マイナンバーだけでは分かりませんから、ナイトワークをしていることがすぐにバレてしまうわけではありません。
したがって、もし親に収入があることを知られた場合には、何かしら言い訳を考えておくのが望ましいでしょう。